むし歯治療

  • HOME
  • むし歯治療

むし歯治療のやり方

初期のむし歯治療

むし歯と聞くと、一般的に黒くて穴があいているイメージですが、実は、白くて穴があいていないむし歯もあります。 白いむし歯は「脱灰」(よみがなを入れる)といわれ、歯垢(プラーク)のたまりやすい歯の根元にできやすく、ジュースやアメで砂糖を頻繁に摂取する方に多く見られます。 しかし、この時点では、削って詰める治療はまだ行いません。 なぜなら、穴があく前の初期のむし歯なら、正しい歯磨きやフッ素塗布、生活習慣の見直しで治癒することもあるからです。定期健診を欠かさずに受けることで、初期のうちに適切な対応ができれば、急いで歯を削る必要はないのです。

歯に穴があいてしまった!中等度以上のむし歯治療

エナメル質を越え、象牙質まで広がったむし歯の治療では、どうしても歯を削る必要が出てきます。むし歯が歯の神経まで及んでいれば、歯の神経をとる処置も必要です。 そして、むし歯の大きさに合わせた治療法を選択します。レジンというその日のうちに詰められる材料を使ったり、型を取って作製した詰め物やかぶせ物を後日装着したりして、むし歯で部分的に失われた歯を補います。

当院では痛みの少ないむし歯治療に力を入れています

歯医者が嫌われてしまう理由は、「音が怖い」とか、「歯科特有のにおいが嫌」とかさまざまあると思いますが、きっと一番の理由は“痛み”に関することでしょう。 一度強い痛みを経験すると、歯科医院の予約の前はどうしても憂鬱な気分になってしまいます。

そこで当院では、これ以上歯医者嫌いを増やさないために、治療の痛みを極力取り除く工夫をしています。

1.細い麻酔針を使用

当院で扱っている麻酔針はとても細いです。ですから、刺した時の痛みが少ないのはもちろん、麻酔液の注入もゆっくり行いますので、患者さんにかかる負担を最大限まで小さくすることが可能です。

2.麻酔が効くまで十分に時間をおきます

麻酔が効く時間は、患者さんの体質によって異なります。 すぐに効果を発揮する方もおられますが、中には麻酔が効くまで時間がかかる方もいらっしゃいます。ですから、それぞれの患者さんに合わせて、十分に麻酔が効いたタイミングを見計らい、治療にとりかかります。

当院では、初診当日に歯を削る治療は行いません。もちろん、痛みや腫れが大きいといった、強い急性症状がみられるときは、症状に合わせた処置をおこないます。 しかし、基本的には患者さんとの信頼関係を構築してから治療に進むようにしています。まずは患者さんの口腔内をよく診て、病態の説明をしっかりさせていただきますので、怖がらず、どうぞお気軽に受診なさってください。