小児矯正(ネオキャップ・ビムラー矯正)

  • HOME
  • 小児矯正(ネオキャップ・ビムラー矯正)

乳歯列で“歯が詰まっている子”は要注意

乳歯列で“歯が詰まっている子”は要注意

乳歯の歯並びは、歯と歯のあいだに隙間のある状態が理想です。そしてその隙間は、小さな乳歯から大きな永久歯へと生え変わることで、少しずつ詰まっていくのです。 しかし、最近は乳歯列の時点で隙間のない、“キレイな歯並び”の子が増えています。乳歯列のときには問題ないように見えますが、乳歯列で隙間がないのは、永久歯に生え変わるときガタガタの歯並びになる確率が非常に高い、“要注意”な歯並びです。

当院の小児矯正治療の特徴

小児矯正治療のやり方はいろいろありますが、当院では“ネオキャップ・ビムラー矯正”というやり方で行います。

ネオキャップ・ビムラー矯正とは

ネオキャップ・ビムラー矯正

ネオキャップ・ビムラー矯正は、取り外し式の矯正装置を就寝時に装着し、顎を成長させながら、歯をいい位置に誘導していく治療法です。 成長期に行う治療法なので、対象年齢は6~10歳頃です。また、症例によっては、ネオキャップと呼ばれる白いプラスチックの装置を、直接歯に貼り付けることもあります。

ネオキャップ・ビムラー矯正のメリット

1.夜寝るときだけ装着

ビムラー矯正は、取り外し可能な装置を夜、寝るときに装着します。学校に装着していく必要がないため、周囲の人に気づかれることなく治療することが可能です。

2.痛みが少ない

従来のワイヤー矯正は、ワイヤーの強い力を使って歯を動かす治療法でした。それに対し、ビムラー矯正は、もともとお子さんのもっている“噛む力”や“舌の力”を利用するやり方なので、痛みがほとんどありません。

3.後戻りが少ない

ワイヤー矯正を終えた多くの人が、後戻りを経験します。中には、後戻りしないように、歯の裏に固定のワイヤーを貼っている人も少なくありません。 しかし、ビムラー矯正は、装置を装着することによって、舌や口腔周囲の筋肉のトレーニングも同時に行います。よって、矯正が終わったあとも、ご自身の筋肉や舌自体が、固定装置の役割を果たすことが出来るので、後戻りが少ない治療法です。

4.歯を抜かなくてもいい

ビムラー矯正は成長期に行う治療です。装置が顎の成長を手助けしてくれるので、歯列矯正のために永久歯を抜かなくて済む確率が高まります。

何より、ネオキャップ・ビムラー矯正は、歯をキレイに並べることだけが治療の目標ではありません。お子さんのお口の成長を手助けし、食べる、話す、歌うといった、口の機能を高めながら、自然な歯並びを獲得することを目指しています。 成長期のタイミングを逃すと、このネオキャップ・ビムラー矯正は適用できないこともあります。お子さんの歯並びや口の機能で気になることがあれば、早めにご相談ください。

ネオキャップビムラー
ネオキャップビムラー矯正の特徴

ネオキャップ・ビムラー(小児矯正)料金

ネオキャップ・ビムラー 初回相談:無料 矯正費用:500,000円(検査料・調整料込)
ネオキャップ・ビムラー

※トータルフィーシステムをとっております。 矯正治療中の追加料金は発生しませんので、ご安心ください。

※お支払いはクレジットカード、デンタルローンをご利用頂けます。